<< 東京番外編「伊勢丹ビューティー... 東京番外編「ムサシ 蜷川幸雄×... >>

「プレゼン VS経営コンサルタント」

こんにちは!

東京レポートも第3弾です



今日は経営コンサルタントから受けた壮絶な

ダメ出しと、僕らの甘さについて書きたいと思います。


東京に向かう前、僕らは新しい事業計画収支計画

今思い返せば、中身が空っぽのアイディアを作成し

経営コンサルタントを行っている先輩のもとへ向かいました。

激甘な僕らは、何と自信満々だったのでした。

そして・・・

4月某日の午後11時頃、仕事終わりなのにも関わらず、快く

先輩は会ってくれました。

お酒を飲みながらということだったので、初乗り710円

リッチなタクシーに乗り込み(沖縄では450円)目的地に向かいました。


席に着いた僕らは、空っぽのアイディアを切り出し始めたのです。

(表題はプレゼンと大袈裟ですが、某焼き鳥屋にて話をしました)

・・・・・・・・・・・・・・・

話が終わると、しばらく沈黙の後、先輩は問いかけ始めました。

「ターゲット層は何人?」

「競合との違いは?」

「君たちと、お客と、提携先とのメリット、デメリットって何?」

あわてて答えようとする僕らに、

「現実的に考えて利益はでるの?」

と、表面的なアイディアを考え付いただけで、はしゃいでいる僕らを

一喝してくれました。

さらに、

「甘いをとおり越して痛い」と一言。

・・・・・・・・悔しい。

・・・ですが、その通りだったんです。

あまりにも甘かった。

これまで何を学んできたのかとさえ思いました。

しかし、

凹んで、そんじゃあ止めますなんて絶対に言いません。

僕らは燃えました


絶対にこのアイディアを現実的なカタチにし、もう1度先輩にチェックしてもらおうと!


沖縄に戻り、よりアイディアを具体化すべく僕らは競合先の調査を行い

ターゲットを見直しメリット・デメリットを考え、企画書を作り始めました。

今度は先輩を唸らせてやる!

そう思いながら作業を進めています。

そして企画書が完成した暁には、ずうずうしくも、もう1度先輩のご意見

頂きたいと思っています。

ご意見頂いた時にはまた記事にしますので、期待してて下さい!
[PR]
by anshare-project | 2009-04-23 12:55 | 経営
<< 東京番外編「伊勢丹ビューティー... 東京番外編「ムサシ 蜷川幸雄×... >>