<< 「亀谷明日香 虹亀商店の紅型②」 「理不尽な話②」 >>

「亀谷明日香 虹亀商店の紅型①」

anshare projectの公式HPはこちらから
-----------------------------------------------------------
anshare project 『職人市場』
-----------------------------------------------------------

本日は以前、ブログでもご紹介した虹亀商店を営み、紅型職人としても働く亀谷明日香さんをご紹介します。

東京出身の亀谷明日香さんは、沖縄の大学で4年間紅型を勉強。もともとデザインが好きだったこと、沖縄が好きでたまらないこと、好きなことをしながら好きな土地にいたい!という想いから、紅型職人になることを決意したそうです。大学時代から数えると、その修業期間は12年(現在も修行中とのこと)

そんな明日香さんの作り出す紅型をご覧下さい!!


今回、明日香さんが行うのはお店で1番人気の型紙復元作業。

b0164778_13315629.jpg
道具は丸キリにカッター。
この中でも貴重なのは丸キリで、丸キリを作り出す職人は日本に数人しかいないらしい。その割には繊細で、1度刃が欠けると使い物にならない。

b0164778_1329160.jpg
しぶ紙。(和紙に何層もの柿渋を重ねたもの)模様型の下地となるもの。
これを型に合わせて程よい大きさに切る。

b0164778_13394823.jpg
以前制作した模様型をしぶ紙に貼付ける。

b0164778_13421432.jpg
型紙に合わせ早速彫り始める。

b0164778_13432255.jpg

細かい作業だが、明日香さんは全く苦にならないらしい...苦手分野なので見ているだけで疲れてしまった...

b0164778_13453924.jpg

あっという間に丸キリを使った細かい作業は終了。

b0164778_13472358.jpg


b0164778_13474844.jpg

ご覧のように紅型の型紙は全て繋がった状態。普通の絵とは違ったところが明日香さんを楽しませる要素なんだとか。

b0164778_13524829.jpg
働くお母さんのそばでぐっすり眠る次男の有(ある)君。

b0164778_13545629.jpg
作業の出来映えをチェック!

実は道具だけではなく、彫る方法にも名前があるそうで...

突き彫りと呼ばれる彫り方を用いているそうです。

道具と技術を使って型紙を彫っているんですね。
作業の細かさに感嘆の声を上げっぱなしでした。に続く...




人気ブログランキングへの投票お願いします!
↓ポチッと左クリック↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by anshare-project | 2009-09-22 13:55
<< 「亀谷明日香 虹亀商店の紅型②」 「理不尽な話②」 >>