<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「生誕30周年回顧録 偽札事件②」


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ


前回の続きです。

ポリスに呼ばれた僕はウキウキしながら交番へ向かいました。
「お電話頂いた上原です!」
自身が持つ、ベストオブ爽やかな笑顔でポリスに相対しました。

b0164778_741622.jpg

「あなたですか....」
何故でしょう?僕の笑顔を見ても、ポリスのおじさんはにこりともしません。

まあいいでしょう。僕は財布を受け取れれば問題ない.....。
しかし不幸なニュースとは突然聞かされるものです。
(晴天の霹靂風な出来事が以下に描かれています。ご注意下さい)

一通り中身の確認と、身分を証明したところで言われました。
「上原さん、財布の中にあった”偽札”はあなたのモノですか?」
b0164778_7521270.jpg

「違います!」

すっごく自信があったので、はっきりと答えてやりました。
偽札?彼は何を言ってるんだろう?僕は怒りすらこみ上げてきました。

「嘘をつくとまずいことになりますよ」
ポリスは続けました。しつこいお方です。

「僕は万サツをコピーしただけで偽札なんて.....」
言いかけて気がつきました.......それが”偽札”ではないかと。
b0164778_7595928.png

「上原さん、あなたは1万円札の両面をしっかりコピーしていますね。使うつもりだったんじゃないですか?これはまぎれもなく通貨偽造に当たりますよ。」
ポリスは畳み掛けてきました。

あの時の僕と、携帯のバイブレーション機能。
どちらがブルブルしていたでしょう。万歩計を身につけていれば、もの凄い勢いで歩数がカウントされていたでしょう。もったいないですね。

そんな事を考えていると「取り調べ」なるものが始まりました。
b0164778_883199.jpg

ここから先はあまり記憶がありません。
ただカツ丼が出てこなかったのは事実で.....「僕の偽札で出前とりましょう!」
と洒落たジョークを言いかけたのも事実です。

どのぐらい拘束されていたでしょうか。
その日ポリスから解放された僕は、「上原さん、後日出頭願います」
という、まるで犯罪者が掛けられるようなお言葉を頂きました。
b0164778_8195828.jpg

僕は、皆にドッキリを仕掛けたくてコピー機を使っただけなのに....。
カツ丼すらくれないポリスは何故僕をいじめるのだろう。

やっぱり神様なんて信じるものじゃないな...
途方にくれながら、友人やコピー機の持ち主に連絡をとりました。

めんどうなので次回につづきます。




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ

[PR]
by anshare-project | 2012-04-14 08:55 | 日記

「生誕30周年回顧録 偽札事件」


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ


あと2週間もすれば、僕の誕生日です。何と今年で三十路。思えば無意識で数々の事件を起こしてきました......。

b0164778_921474.jpg


この機会に懐かしい思い出を振り返って行きましょう。
第1弾は”偽札事件”です。

皆さんご存知の通り、僕は天然という言葉の範疇に収まらない天然です。そのスケールは時に国家権力をも巻き込んで行きます。

あれは2003年の秋頃でした.....

b0164778_963455.jpg


僕の知り合いの女性(の親)が最新のコピー機を購入し、彼女の実家にてそのどでかい鉄の塊は輝きを放っていました!
僕は堪りませんでした。ある劣情を催してしまったのです。それは....

最新の技術で1万円札をコピーし
皆に”金持ちっぽい”ことをアピールすること。

僕は5万円ほど(5枚ほど)1万円札を”造り上げ”、財布に入れて皆に自慢することにしました(この時点で通貨偽造です。絶対まねしないで下さい)。

b0164778_9172552.jpg


全ての準備は整いました。あと僕がスべき事は「自慢」のみ......
さあ街へ繰り出そう!!

早速、友人Aに出くわしました。僕は彼の驚く顔を想像し、笑いをこらえる事が出来ませんでした。が、しかし......財布がない。
あるはずの財布がそこにはない。

そうです、僕は通算7度目となる財布喪失という現実に向き合わなければなりませんでした。

途方に暮れました....僕の中では爆笑の連続の種を失った訳ですから。
僕は悪い人間じゃないのに!どうして神様はこんなに試練を与えるんだろう?
少々自暴自棄になっていると.....

b0164778_927126.jpg


ポリスから連絡がありました!!
「上○○太郎さんですね、財布が届いていますので引き取りに来て下さい」

僕はやっぱりいい人間だ!こんな時だけ神様を信じてよかった!!
天にも昇る気持ちで、僕は連絡のあった交番へと向かいました。

しかし、そこにはさらなる試練が待ち構えていたのです....


めんどくさいので次回に続きます。




にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ

[PR]
by anshare-project | 2012-04-07 08:55 | 日記