<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

真鍮釣り針

真鍮で釣り針のフックを製作。

b0164778_1627185.jpg

b0164778_1627230.jpg

b0164778_162749.jpg


財布の刻印として。
b0164778_1627522.jpg

[PR]
by anshare-project | 2013-01-28 16:23

新商品へのアプローチ

新商品開発を模索中です。

今年は巳年ってことで.....
b0164778_1022256.jpg

蛇革をあしらった商品や
b0164778_1032369.jpg

ちょっと変わったミンサー等
取り入れて行く感じです。

少し時間は必要ですが、出来上がり次第アップします!

b0164778_1053352.png

[PR]
by anshare-project | 2013-01-26 10:00 | 経営

隣人恐怖症②

の続き。
灯りを点けベランダに出ると、単にもの干し竿にぶら下がった
ハンガー等が風に煽られて手すりにぶつかっているだけだった。

b0164778_22523939.jpg


隣が気になるので、直ぐにハンガーを外し室内に戻ろうとする。
寒くて眠気がやや醒めてしまっていた。

部屋に戻ろうとしたその時、何気なく隣の防火扉が目に入る。
b0164778_22575170.jpg

「ヒャっ」と声が出て腰が抜けた....
隣人が防火扉の上部分を破り、真顔でこちら側を見ていた。

目を逸らせないまま10秒ぐらい尻餅をついたままの状態でいた。
次第に地面の冷たさで我にかえり、部屋に飛び込んだ。
女性の高笑いが後ろから聞こえる。

b0164778_2355021.jpg

恐怖の余り炬燵に潜り込んで、朝が来るのを待った。

気を紛らわすため録画していたお笑い番組を大音量で見る....
テレビの向こうでは笑っちゃいけない企画。
こっちは笑いたくても笑えない。

再び呼び鈴がなる。
玄関の向こうに立っている人間は1人しかいない。

呼び鈴は鳴り続ける.....
しばらくして止んだ.....が、
今度はめちゃくちゃにドアを叩いて来た。
b0164778_23133130.jpg

10分ほどだったと思うが呼び鈴からドア叩きが止むまで
本当に長かった。

恐る恐る玄関に近寄り、覗き穴から外の様子を伺うと
誰もいない....


郵便受けには1枚の紙が挟まれていた。
......女性と僕の分まで署名、捺印された婚姻届だった。






というのが今年の初夢でした。
一鷹、二富士、三茄子、四隣人て事で縁起のいい年になりそうですね!
真面目に読んで頂いた方、しょうもないオチですいません。

今年もanshare projectを宜しくお願いします。

b0164778_23251916.png

[PR]
by anshare-project | 2013-01-15 22:49 | 日記

ウチ、ソト、自分仕様

こんにちわ。
朝から雨模様の沖縄です。

年末からこの時期は、anshare projectでは手帳カバーの注文が一番多い期間
でもあります。

b0164778_16141024.jpg


好みの色を組み合わせて自分仕様の手帳カバーはいかがですか?

また、anshare projectでは体験教室もやっています。
手帳カバーを作ると初めてやる方はだいたい3~4時間かかりますが、革の裁断から穴あけ、糸を縫ってコバ(側面)処理までを教えているので、興味のある方はanshare projectまでお気軽にお尋ねください。

anshare ptoject
那覇市松尾2丁目12-8
TEL/FAX 098-860-8504

b0164778_1623913.png

[PR]
by anshare-project | 2013-01-13 16:25 | ◆職人    「沖縄」

隣人恐怖症①

新しい年を迎えた沖縄は雨模様が続く。

日々寒かったり、暑かったりで体調管理が非常に厳しい.....
加えて1人暮らしをする人間にはなかなか寂しい季節。

最近の日本人は横の繋がりが薄いと言われて久しく、僕もその例に漏れない。
4階建て計12人が住むマンションにいるが、隣人はほとんど見かけない。

寝正月で終えた年始は一層と人気がなく、食っちゃ寝の良く言えば悠々自適の生活だった。隣人に絡まれるまでは。
b0164778_23585538.jpg


1月3日、二日酔いで午後に目覚め、正月最後の休日をダラダラ過ごしていたら珍しく部屋の呼び鈴が鳴った。

友達の少なさでは県内随一。NHKの集金ぐらいしか僕への訪問者はいない。しかし三が日に働く人間が存在するだろうか?

自他楽な休日を妨害されるのは酌なので、しばらく無視していた。
呼び鈴は鳴り続ける....時間的に周囲は薄暗くなってきていた。
b0164778_2358536.jpg

あまりにしつこいので玄関を開けた。可愛らしい大学生風の女性が立っている。

「はい」

沈黙。

「何ですか?」

こちらの問いかけに応じない....思えばこの時、居留守を装えば良かった。

「....お湯でますか?」やっと女性が言葉を発した。
b0164778_045835.jpg

意味不明だったので聞き返すと、年末に隣に入居したそうだが
ガスの調子が悪くお湯が出ないらしい。
管理会社も休みなので隣に住む僕に聞きに来たそうだ。

「こっちは問題ないですよ」と返したが再び沈黙の時間。
知らない人と会話したくないので、一刻も早くこの場を切り上げたかった。

しばらく様子を見たらどうですかと言い、ドアを閉めかけたら
「確かめさせて欲しい」と言い出した。

この人は変な人だと確信し、忙しくもなんとも無いのに
「取り込み中ですからすいません」と言い慣れない言葉を発すると
部屋に上がり込もうとしてきた。
b0164778_064742.jpg

10代の頃なら隣人とのいけない関係!とテンションも上がっただろうが
もうおっさんと言われても違和感のない年齢なので、丁重にお断りした。
それでも女性は食い下がる。

「お湯に触れれば帰ります。触れさせて下さい」

怖くなってきたので、すいませんを連発し半ば強引にドアを閉めた。
その後友人との約束があったので、隣人と顔を合わせぬよう出かけた。

酔っぱらって朝方帰ると、ドアノブにコンビニの袋が下げられていた。
ゴミかと思ったが一応中身を確認してみる。

「昨日は失礼しました」
という手紙と共に”うこんの力”が入っていた。
b0164778_23574837.jpg


....気持ち悪かった。

3時間ほど睡眠を取り2013年最初の仕事に出かける。
朝早いので、さすがに隣人と顔を合わせる事はなかった。

午後7時頃に帰宅。

しばらく見てなかったポストには大量のチラシと公共料金やらの
請求書が溜まっていたので、自宅に持ち帰る。ドアノブには何もなく
正直ほっとした。
b0164778_091212.jpg

主婦バリにチラシをチェックしていると、手紙が1枚ある。
「お仕事お疲れ様。今日はお鍋を用意しています」

漫画並みのタイミングで呼び鈴が鳴った。
玄関を開けずに除くと、予想に違わず隣人が立っていた。

チェーンを掛けたままドアを開けると
「ご飯の用意ができてます」
と隣人が言う。

遠い昔にママゴトで聞いた台詞だが、彼女は成人で僕はおっさん。
ママゴトをやるにはちょっとキツい。

「昨日の事なら気にしないで下さい」
と、恐怖に震えながらお断りした。
b0164778_012462.jpg

変わったお方に目をつけられてしまった。
彼女は巷で噂の”メンヘラ”ってヤツなのかと思いつつも
明日に備えて早い時間帯に寝入った。

....夜中目が覚めた。
ベランダが五月蝿い。

風がせいか、カーン、カーンと何かがぶつかる音がする。

布団からでるのは煩わしいが、睡眠の妨げになるので
原因を調べようとベランダへ出た。

②に続く。
[PR]
by anshare-project | 2013-01-08 00:15 | 日記