タグ:anshare project 活動 ( 139 ) タグの人気記事

「金融公庫」 ~事業資金 借り入れの相談~

みなさま、こんにちわ!!

Anshare Project のしょうたろです。

今日は、事業資金借り入れの相談に行きましたのでその状況をレポートします。

まず向かった先は「沖縄県開発金融公庫」です。


b0164778_16522322.jpg


①民間よりも公的機関がよい
 →民間は金利がどうしても高くなる。担保条件が厳しい。

②最初は小さいところ。次に大きいところに相談。
 →管轄の規模が小さいほうが親切。
   例えば公的機関だと 市→県→国
    銀行だと 地方銀行→都市銀行


これは、借り入れにあたってある人にアドバイスされた事です。
実際に事業をしているその人は、他にも色々アドバイスをして
くれましたが、今回は沖縄県開発金融公庫についてお話します。

公庫に行くと早速窓口の方に案内され、融資担当のSさんとお会いしました。今回は初めての相談でしたが、色々な企業を見てきたからでしょうか。指摘のほかにもたくさんの助言を頂きました。

事業経験の補い方から始まって保証人になれる人、なれない人。
無担保時の自己資金の比率。売上高、経費計算の根拠。
成功している小売業の特徴、等。


お金を借りてやるという事は返さないといけないという事。
ある人が「事業を起こすというのは航海に出るようなもの」
と話していました。

「一度船が出港すると後戻りはできない。天気の悪い日は海も荒れるし、獲物が捕れない日が続くこともある。それでも航海を続けなきゃいけない。それが事業を起こすという事。」

社長をしているその人の言葉は重く感じていましたが、公庫でお金を借りる話をして改めてその話の意味を考えさせられます。

次回、指摘の内容を盛り込んだ事業計画書を持って伺います。

最後に、今回公庫に相談に行って気をつけた事です。

謙虚に。正直に。

貸すのは人間です。知ったかぶりをしたり
「借りるほうが客だ」
という態度をとると相手も気を悪くするでしょう。
分からないから教えてほしい。
アドバイスをしてあげたくなる態度をするのも大切です。
絶対にマイナスにはならないと思います。

僕が尊敬するある社長からのアドバイスです。

沖縄県進行開発金融公庫
住所:〒900-8520 沖縄県那覇市おもろまち1-2-26
地図:google
電話:産業開発資金 TEL:098-941-1765 FAX:098-941-1915
    中小企業資金 TEL:098-941-1785 FAX:098-941-1915
新事業創出促進出資 TEL:098-941-1908 FAX:098-941-1808
[PR]
by anshare-project | 2009-06-03 16:54 | 経営

「デニム完成へのカウントダウン②」

今日も雨・・・しばらくバイクに乗るのは無理な様子です。

今週は雨の日続きですが、頑張っていきましょう!

皆様こんにちは!

表題はカウントダウンのにカウントアップしちゃっているあんしぇやです。
昨日Double Volanteの国吉さんがデニムを微調整してくれ、また1歩完成に近づきました!

b0164778_10391892.jpg


(まだ調整段階なので全体的な写真は載せられないっす)

ちなみにしょうたろはデニムのサンプルを穿いて出歩いていますけど
同世代の方にはおおむね好評。おばちゃん達には「何そのズボン?」という
リアクションを頂いています。

という訳で、完成までもう一息!逐一細かい報告をしていきたいと思います。

あんしぇや!



おかげさまでブログランキング上昇中です☆
一日一回有効ですので、良ければお願いします(*^^)v~


↓ポチッと左クリック↓
人気ブログランキングへ
↑↑現在のランキングは40位前半くらいです♪
[PR]
by anshare-project | 2009-05-20 12:55 | 経営

「デニム完成へのカウントダウン①」

デニムのサンプルが完成し、いよいよ本生産が間近になってきました。

皆様こんばんは
人生初のオリジナル商品の完成が迫り、興奮している
あんしぇや ぷろじぇくとです!!

本日はオリジナル商品に必要不可欠なモノ
品質表示タグネームタグ
が仕上がったのでご紹介します。

b0164778_2252830.jpg














b0164778_2281329.jpg













             上が品質表示タグ。下が僕らのネームタグです。

品質表示は皆さんご覧になったことがあると思います。
ネームタグはもちろんオリジナルになります。

この2つを作って頂いたのが・・・

「渡久地ファスナー」です。

タグ制作を依頼したのが4月上旬。打ち合わせを経て約1か月で完成しました。

渡久地ファスナーは名前の通り、ファスナー等の付属品
タグから豊富な種類の生糸を販売しています。

デザインを持ち込めば僕らのようにオリジナルタグも作ってもらえます!



「渡久地ファスナー」

TEL:098-853-2724

〒902-0063

沖縄県那覇市三原2丁目6-18


明日はいよいよ微調整が完了したDouble Volante国吉さんのもとを訪ねる予定です。

カウントダウンにご期待下さい!あんしぇや!
[PR]
by anshare-project | 2009-05-17 21:55 | 経営

「意外な場所からの営業 ダイムトラストアイランド」

意外なところから、出店のアプローチが来ました!

(株)ダイムトラストアイランドからテナント募集がありました。
間接的にではありますがanshareへのアプローチです!!

b0164778_21362770.jpg


沖縄国際映画祭は記憶に新しいかと思いますが
場所はその舞台となった北谷です。

しかし・・・anshareの目標は独立した店舗を構えること

テナントではありません。

場合によってはテナントでの出店もあり得るかもしれませんが
今はまだ模索中といったところです。

b0164778_21421478.jpg


興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

テナントにはまだまだ空きがあるそうです。
[PR]
by anshare-project | 2009-05-14 21:55 | 経営

「5月 本格始動!!」

皆様こんにちは!!

沖縄では晴れ間が続き、日中はTシャツのみで過ごせる日々がやってきました。

b0164778_13212928.jpg



休日ともなると海は人で賑わってます。

と、

堅苦しいあいさつになりましたが、

今月からようやく県外を放浪していた相棒が帰郷し

anshare projectが本格始動します!


僕らが現在進めている事業は大きく分けて2項目。

1つは生産中のデニム等を含めた物販

実はDouble Volanteの国吉さんから完成間近との報告を

受けており、近日中にはデニムの全貌を公開できそうです!!

もう1つはまだ企画段階の体験事業です。

これに関してはまだ企画書を作成したばかりなので、

各方面からのご意見を頂かなければ行動を起こせません。

ただ、

先ほど申し上げたように相棒が帰ってきました!

問題は山積みですが、今までの2倍の速さで仕事は片付きます。

ブログの更新もより頻繁になりますので皆様、どうかお付き合い下さい。
[PR]
by anshare-project | 2009-05-05 12:55 | 日記

「続報! Double Volante×anshare」

こんにちは!!

東京レポートも終了し、今日からまた沖縄の話題を記事にしていきます。

そして本日はお待ちかね!(僕らが1番待っていましたが・・・)

Double Volunteとのデニム続報です!

サンプルが・・・

サンプルが・・・


8割がた完成しました!!

b0164778_20143082.jpg

(サンプルを手に写真に納まる国吉さん)

まだ、綺麗な形にはなっていませんが前日の夜中までかけて

国吉さんが仕上げてくれました。

写真で見る限りでは何のことはない普通のデニムですが

2WAYになる予定です!
1度で2度楽しめるデニムになります。


そして今回のデニム作りに貢献して頂いた

もう1人の職人をご紹介します。

パターン(型)を作ってくれた、オオタさんです
b0164778_20213061.jpg


若干22歳の現役大学生です。

今回のデニム作成手順は、

1.デザインの提出(anshare)

2.打ち合わせ

3.仮サンプル作成(オオタさん)

4. 型作り(オオタさん)

5.本サンプル作成(国吉さん)

6.デニムの生産(国吉さん)


という流れがあって、オオタさんの担う役割は非常に大きかったのです。

真面目で好青年な彼は頼りになる存在!!

忙しい中いつも打ち合わせにご参加頂きありがとうございます。

(まだ終わってはいませんが・・・)

お2人のご協力により第5段階まで進みました。

残りはサンプルの微調整品質表示のタグ(生産中)

ネームを作成し、すべてが揃えば生産に入ります。

待ち遠しい。

これからもデニムの作成過程を逐一記事にしますので

是非ご覧ください!!

あんしぇや!

おかげさまでブログランキング上昇中です☆
一日一回有効ですので、良ければお願いします(*^^)v~


↓ポチッと左クリック↓
人気ブログランキングへ
↑↑現在のランキングは40位前半くらいです♪
[PR]
by anshare-project | 2009-04-27 12:55 | ◆職人    「沖縄」

「プレゼン VS経営コンサルタント」

こんにちは!

東京レポートも第3弾です



今日は経営コンサルタントから受けた壮絶な

ダメ出しと、僕らの甘さについて書きたいと思います。


東京に向かう前、僕らは新しい事業計画収支計画

今思い返せば、中身が空っぽのアイディアを作成し

経営コンサルタントを行っている先輩のもとへ向かいました。

激甘な僕らは、何と自信満々だったのでした。

そして・・・

4月某日の午後11時頃、仕事終わりなのにも関わらず、快く

先輩は会ってくれました。

お酒を飲みながらということだったので、初乗り710円

リッチなタクシーに乗り込み(沖縄では450円)目的地に向かいました。


席に着いた僕らは、空っぽのアイディアを切り出し始めたのです。

(表題はプレゼンと大袈裟ですが、某焼き鳥屋にて話をしました)

・・・・・・・・・・・・・・・

話が終わると、しばらく沈黙の後、先輩は問いかけ始めました。

「ターゲット層は何人?」

「競合との違いは?」

「君たちと、お客と、提携先とのメリット、デメリットって何?」

あわてて答えようとする僕らに、

「現実的に考えて利益はでるの?」

と、表面的なアイディアを考え付いただけで、はしゃいでいる僕らを

一喝してくれました。

さらに、

「甘いをとおり越して痛い」と一言。

・・・・・・・・悔しい。

・・・ですが、その通りだったんです。

あまりにも甘かった。

これまで何を学んできたのかとさえ思いました。

しかし、

凹んで、そんじゃあ止めますなんて絶対に言いません。

僕らは燃えました


絶対にこのアイディアを現実的なカタチにし、もう1度先輩にチェックしてもらおうと!


沖縄に戻り、よりアイディアを具体化すべく僕らは競合先の調査を行い

ターゲットを見直しメリット・デメリットを考え、企画書を作り始めました。

今度は先輩を唸らせてやる!

そう思いながら作業を進めています。

そして企画書が完成した暁には、ずうずうしくも、もう1度先輩のご意見

頂きたいと思っています。

ご意見頂いた時にはまた記事にしますので、期待してて下さい!
[PR]
by anshare-project | 2009-04-23 12:55 | 経営

東京に行って参りました。



ブログの更新がご無沙汰しております。

実は東京に行ってきました!!

今回の目的は、

1、「自分達のヒントになるような雑貨屋を探す事」

2、「新たな出会いからアイディアを得る事」

3、「作り直した企画、事業計画をコンサルタントに見てもらう事」
です。


非常に得るものの多い東京での日々でした。

上記の事以外にも、数年ぶりに友人と再会したり

結婚前の友人とお酒を飲んだり、話題の芝居を見に行ったりと

充実していました。

この体験が僕らの転機になることは間違いなく

改めて自分達の甘さを痛感したのです。


明日から詳しく東京での日々をお伝えします。

是非御覧になって下さい。
[PR]
by anshare-project | 2009-04-19 12:55 | 経営

「事業計画書 経営の第1歩」

皆様こんにちは!

今日は経営に関するちょっとお堅い話をします。(僕らの経営過程の一端です)

社会人を経験した方なら、耳にしたことがあるかもしれませんが

「事業計画書」
が今日ご紹介するものです。起業をお考えの方には

僕らの記事が少し役に立つのかも知れません。

「事業計画書」とは何か?もの凄く簡単に説明しますと


どういった事業(商売)を行うのか

どういったアイディア、経営方針で事業を進めるのか

上記に従っての収支計画

といったもの文書にしたのが「事業計画書」です。

本来はもっと細かく書かなければならないのですが、この3項目が

「事業計画書」になります。


では具体的に文書にするにはどうしたらいいのか?

因みに僕らは、学生の頃に経済や経営学を勉強したわけではありません。

起業を行っている人も必ずしも、経営の勉強を行ってきたわけではないと思います。

でも「事業計画書」の書き方を知っているわけです。何故か?

分からないことは情報を集めればいいわけです!

1、インターネット

1番手軽です!ちなみに「All about」というサイトからは

「事業計画書」がダウンロードできます。企業のノウハウ情報も豊富です。


2、書籍

b0164778_1146436.jpg

本屋に行けば、右のような

本がたくさんあります。

内容は退屈なものが多いのですが

1冊ぐらい参考程度に読んでみるのも

いいかも知れません。


3、人に聞く!

実は「事業計画書」だけに限らず、人の話を聞くのが1番勉強になります。

というよりも実際に起業している方や、経営コンサルタントと呼ばれる

職業に就いてる方の話ほど正確なものはありません。

お近くに心当たりがあれば、絶対に捕まえるべきです!


以上が「事業計画書」を書くために参考になるものです。

そして何のために「事業計画書」を書くのか?

主に、

「自分のアイディアや計画を文書にすることによって、不足している知識や技術を

改めて実感する」

「協力者を募るためのツール」

「資金集めのツール」

が用途となります。


今日は偉そうに書き連ねてきましたが、少しでも参考になったでしょうか?

これまでに僕らも「事業計画書」を何度か書いてきていますが、未だに納得していません。

そして今月中旬に、経営コンサルタントをやっている先輩相手に

「プレゼン」を行う予定です。

これに関しては続報をお伝えしますので、起業にご興味ある方は

また覗いてみてください。

それでは。「あんしぇや」
[PR]
by anshare-project | 2009-04-08 12:55 | 経営