人気ブログランキング |
<< イベント「Boogie Dow... 「イベント@熱血社交場!」 >>

「豚の恩返し 歌の日カーニバル!!」

突然ですが、「豚の恩返し」ってご存知ですか?
恥ずかしいことに最近まで僕もしらなかったことなのですが、今日BIGIN主催で行われる「歌の日カーニバル」とは関係の深い話なので、ご紹介します!

「豚の恩返し」

戦後の沖縄はひどい食糧難。毎日食べるものにも困っていたから、当然家畜などほとんどいない状態。そんな中、ハワイに移住したウチナーンチュ(ハワイ、ブラジルには沖縄移民が多数)がある新聞記事を目にする。

「ウルにファーなし」(豚小屋に豚の姿を見ることはない)

この記事を読み、故郷沖縄の人々が深刻な食糧難に陥っていることを知ったハワイのウチナーンチュは、早速行動に出る。故郷沖縄に豚を送りましょうという歌詞をつけた、「恵みの歌」を作成し、毎日ラジオで流し続け、募金を募ったのだった。
その結果、集まったお金が5万ドル。そのお金をもとに豚550頭が沖縄に贈られることになる。輸送方法は船。距離にして5000キロ。当然現在のような設備が整っている時代ではなく、道中命の保証はない。

それでも7人の男が「沖縄のために!」と立ち上がり、ハワイを出発する。1度目の挑戦では嵐にあい、やむなく引き返すがそれで諦めるほどの郷土愛ではなかった。2度目の挑戦で見事沖縄まで辿り着き、無事沖縄に豚を贈ったのである(最初の出発から約1か月を要した)

ブタを受け取った沖縄の人々は、食糧難にも関わらず「子供たち、孫たちのため」を思い、豚を食すのではなく飼育して数を増やすことを考えた。見事なハワイのウチナーンチュの勇気と沖縄のウチナーンチュの思いやりで、現在の僕らは豊に生かされている。両者の「ユイマール」(助け合い精神)に感謝し、BIGINは恩返し(音がえし)を思い立つ!


毎年(今年は本日)、BIGINは無料の野外コンサートを実施しています。550頭の豚が贈られるきっかけとなったのがうた。このコンサートでもうたを歌いながら、ハワイの方々に感謝のお返しをするために募金をおこなっています。集まったお金で寄付されるのが楽器。これが苦しい時に助けてくれたハワイのウチナーンチュに対する恩返しです。

発想してもなかなか行動に移すのは難しいですよね。それをやってのけるBIGINと共感して駆けつけてくれる、他のアーティストや芸能人。
今年も成功間違いなしです!!



おかげさまでブログランキング上昇中です☆
一日一回有効ですので、良ければお願いします(*^^)v~


↓ポチッと左クリック↓
人気ブログランキングへ
↑↑現在のランキングは40位前半くらいです♪
by anshare-project | 2009-06-27 10:55 | 日記
<< イベント「Boogie Dow... 「イベント@熱血社交場!」 >>