2010年 01月 05日 ( 1 )

「東野圭吾と堤真一」

anshare projectの公式HPはこちらから
-----------------------------------------------------------
anshare project 『職人市場』
-----------------------------------------------------------



年末から3日の日曜日まで、イベントづくしでなかなか仕事モードに
切り替わらない....そんな感じの方も多いかと思いますが!!

TVが怒濤のスペシャル番組で埋め尽くされる中、
自分の食わず(観ず)嫌いを発見しました。
b0164778_13223419.jpg
それがサスペンス作家東野圭吾です。遅ればせながら、
「容疑者Xの献身」という映画を観ました。

バラエティが新聞欄を占拠してくれたおかげで、観る事ができたのですが
東野圭吾原作のドラマや映画は1度も観た事がありません。

かろうじて「怪笑小説」という著作は読んだ事はありますが
残念ながら印象に残っておらず、興味のない作家でした。
b0164778_13344136.jpg
「容疑者Xの献身」は冒頭から物語の流れに違和感があり、ある疑問点が
頭から離れず、福山雅治の推理によってそれが解消されると非常に
スッキリとします。
(但し、事件を紐解く鍵は意図的に伏せられているため、サスペンスながら福山雅治
の推理を待たなければ、自力での疑問解消は不可能)

数学の引っかけ問題と、事件を解く鍵を重ねている点も観応え十分です。
(数学が苦手なので、個人的には理解する事ができず....)

ただ何よりも「容疑者Xの献身」の核を作り出しているのは堤真一でした。
b0164778_13482392.jpg
福山雅治が霞んで見えるほど、彼の演技力が圧巻で「容疑者Xの献身」
で涙した方は堤真一の演技に泣いたのではないでしょうか?
b0164778_13521951.jpg
他を圧倒するという意味で、陰陽師の中井貴一を思い出しました。
偽物が溢れ出ている中で、ああいった本物の役者を発見できると嬉しくなりますね。

年の瀬に東野圭吾と堤真一という発見ができて得した気分です。
キャスティングをしたのは亀山千広でしょうか?

普段はTVが専門職でも、原作と役者がよければ上質な映画が作れる
ことを証明してくれています。シリーズものではありますが「ガリレオ」
の名前が全面に出てなかったのも成功の一因ですかね。
b0164778_14184745.jpg




「GRAIN×あんしぇや ぷろじぇくと」

〒901-0416
沖縄県島尻郡八重瀬町字宜次703-1-2F



[PR]
by anshare-project | 2010-01-05 13:55 | 日記